リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

【試乗記】プリウス DAA-ZVW55(4WD/CVT)

f:id:mxzxkx:20170920191715j:plain

2015年の終わりに4代目となったプリウス。

2代目3代目のヒットにより、既にエコカーやハイブリッドの代名詞となった同車ですが、今回のフルモデルチェンジについてはいわゆる「TNGA」と呼ばれる仕組みを採用したことで乗り心地や走行性能が向上した、という情報を各所で目にしますね。

先代までの装備は色濃く受け継ぎ、特徴は更にディープになりました。

そんな4代目の「A」グレード+4WDバージョンを下道から高速まで数時間運転しましたので、試乗レポートを書きたいと思います。

【エクステリア】

f:id:mxzxkx:20170920191825p:plain


とにもかくにも優先されるのは空力なのでしょうか?ノッチバック風になり、アクが強くなりました(笑)

もちろん好みの問題ですが、フロント・サイドビューは3代目よりスタイリッシュになりましたね。

f:id:mxzxkx:20170920192021j:plain

リアのテールランプは未来感満載で、本当に好みが別れそうな形です。

日中は意外とそうでもないのですが、夜間にテールランプが点灯しているとこの星型のような形がすごく目立ちます。

【インテリア】

f:id:mxzxkx:20170920192240j:plain

歴代のセンターメーターは健在。

慣れていないせいだと言われたらそうですが、個人的にセンターメーターは好きではありません。

インテリアは先代までと同じ雰囲気を感じます。ファンキーなシフトパターンもそのままです(笑)

エアコンやオートクルーズの操作など多数ボタンやスイッチが存在しており最初は操作方法に面食らいましたが、しばらく乗っているうちに自然に使えるようになりました。

このあたりは流石トヨタ、という印象。ユーザーフレンドリーに関しては抜きん出ていますね。

……インテリアの白はどうして陶器みたいな感じにしたのでしょうか。

【エンジン性能】

エンジンは1.8リッターの98PS、モーターはフロントが72PS、リアが7.2PS。

システム出力は122PSとのこと。

ハイブリッドは特にそうなのですが、スペックだけでは正直わかりません(笑)

3代目から1割程システム出力が落ちているそうですが……独特なパワー感覚と相まって、体感的には正直なんとも。

トヨタ式ハイブリッドカーらしく、モーターのトルクが強い低速域では無類の扱い易さです。

ただ、やはり高速域では中々キツいですね。

4WD仕様だと乗車1名で1.5トン程の車重になりますので、高速道路の追い越しなどは結構ハードです。

同じ車格のガソリン車と比べるとどうしても(仕様上の問題ですが)パワーが足りない印象を受けました。

f:id:mxzxkx:20170920192512j:plain

"パワーモード"という設定があったのでオンにしてみましたが、低速域が更に増強されるが高速域ではそれほど変化がない、という印象でした。

【走行性能】

触れ込み通りと言いますか、今までのプリウスにあったようなふにゃっとした足(いわゆる"トヨタの足")はなりを潜めています。

それなりに引き締められた足に加え、ハンドリングがかなり素直になった印象を受けました。

低速でも高速でも狙ったラインにぴったり合わせやすくなりました

高速走行中のレーンチェンジも怖くないです。

レーダークルーズも装備された事もあり、総合的に高速道路の運転がラクになりました。

また、4WDは前輪のスピンを検知してから発動する方式のようです。乾燥路を普通にドライブしたレベルでは体感不能でした……。

【乗り心地】

"衝撃を柔らかく減衰させる"ではなく、"いなす"ようになった、という感じを受けました。

どうしてもふにゃ足だった以前のイメージが先行意識にあったのですが、このプリウスはしっかりピシッと揺れが収まってくれます。

連続するギャップを超えても大丈夫そうです。

乗り味の好みは千差万別なので何とも言えませんが、個人的には好みの乗り心地です。


【燃費】

グレードによって燃費はバラつくようですが、この4WD仕様は34km/L。

FF仕様は「E」グレードが40.8km/L。その他が37.2km/Lとなっています。

もちろんJC08モードの数値ですので実燃費は下がりますが、e燃費を見る限り23-25km/L程度は走るようですね。

ハイブリッドですから、モーターをフル活用する低速域の利用が多ければ相対的に燃費は良くなると思われます。

逆にあまりモーターの恩恵を受けられない高速道路での利用が多いとあまり良くならないのでは、とも思いますがボディ空力も良いので何とも言えなさそう。

【価格】

最廉価の燃費スペシャルグレードがFFで2,429,018円。

一番上の豪華仕様グレードの4WDが3,394,145円。

この中で装備に応じて選択していく感じになると思います。270~280万位のグレードが売れ筋なのかな。

プリウスも4代目となり、いよいよ「代わりの無いもの」になってきたのかもしれません。

いわゆる指名買いが多いのかなと値段とグレード設定を見ていて思いました。

【まとめ】

パワートレーンが据え置きな事もあってか、足回りの進化がかなり印象に残りました。

(そういう使い方をする人は少ないと思いますが)ワインディングでも低速域主体なら間違いなく早いでしょうし、楽しんで走れそう。

他メーカーもそうですが、走行性能を向上させてくるのは最近のトレンドなのかもしれませんね。

また、普段アクセラに乗っている関係で運転中は全く気付かなかったのですが、ドラポジが結構良くなっていました。

若干ペダルが左に寄っているような印象はありますが、それでも普通のFF車に比べると素直に運転できます。

基本的にこういった所はいわゆるクルマ好きにしか褒められないような点だと思うのですが(笑)そういった箇所のレベルアップをプリウスでやってきた、という事が素晴らしいと感じます。

長野県上田市「別所温泉」に旅行に行きました

f:id:mxzxkx:20170917094523j:plain

長野県上田市にある信州最古と言われている温泉地、別所温泉。

2016年に大河ドラマ「真田丸」で有名となった同市の市街地に近く、アクセス良好なこの著名地に温泉を求めて小旅行を行ってきました。

続きを読む

ビーナスライン「霧ヶ峰高原」で本当に濃い霧に遭遇した話

早朝や深夜などに山あいをドライブする方には経験があるかもしれませんが、そういう時間帯にドライブをしていると結構な確率で霧に遭遇するものです。

霧や靄の発生するメカニズムは云々、というのはWikipediaにお任せしてここでは割愛しますが、ビーナスライン周辺では「霧の駅」「霧ヶ峰」と名が付くのも頷けるほど霧の頻度が多い印象です。

とはいえ普段発生している霧は視界を塞ぎはするものの、遠くの景色が楽しめないくらいで特段問題は無いというイメージでした。

ですが、この日は凄かった。

続きを読む

2017年10月1日以降はブレーキチューン不可?「車両総重量1.1倍以下ルール」を確認する

f:id:mxzxkx:20170912161545p:plain

先日、DIY情報でお世話になっている「DIYラボ」様を見ていたのですが、かなり気になる記事を発見しました。

www.diylabo.jp

「車両総重量1.1倍以下ルール」と銘されている内容ですね。

当然DIYラボさんの記事で詳細な内容は説明されておりますが、受け売りながら……ここでは簡単にポイントを表記します。

続きを読む

5mのHDMIケーブルを使って部屋の端から端まで繋ぐ

f:id:mxzxkx:20170906185840j:plain

ゲーム熱が再燃し、時間を見つけてはPS4で遊んでいる僕です。

 

僕がPS4でゲームをしている部屋のレイアウトはこのような感じで、今まではTVにPS4を接続してメディアを楽しんでおりました。

しかし、ある時から諸事情でTVの優先度が高まり「PS4を起動した状態でTVが見られる」状態が必要になってしまったのです。

更に現状では模様替えなども出来ない状態。(やる気がないだけ)

ということで、長めのHDMIケーブルを購入してPS4とモニターを接続することにしました。

続きを読む