リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

KindleUnlimitedをスポットで使う

KindleUnlimitedとは

 

amazonより「KindleUnlimited」という名称の読み放題サービスがリリースされたのが2016年8月。

 

月額980円で利用できる読み放題サービスとして、リリース当初の無料期間と相まって当初は話題になったものでした。

 

ですが、amazon側の採算の都合でリリース後1~2ヶ月して対応本が激減。

 

読み放題系サービスとしては「微妙!」との評価を付けられてしまっています。

 

使い勝手自体は悪くなかったのですが、上記理由で僕自身も月額登録を早々に解約し、使用していませんでした。

 

ですが、ここ最近でいくつか読みたい本がKindleUnlimitedの対応本となっていることが発覚。

 

最近出た雑誌なども併せて読みたかったこともあり、1ヶ月のスポット契約でKindleUnlimitedを使用することにしました。

 

 

 

スポット契約の方法

 

スポットで契約する、とは言ったものの、amazon側でそういったシステムが用意されているわけではありません。

その為、単純に通常契約→即解約、という手順を取ります。

 

ネット系サービスによくあるパターンとして、解約を申請した瞬間に即サービスが使えなくなるというものがありますが、天下のamazon様はそんな小さな事を行いません。

 

契約後、即解約を行っても契約後一カ月間はきっちりKindleUnlimitedの会員権利を維持できます。

よくありがちな解約し忘れを防止できるので非常に有り難いですね。

 

KindleUnlimitedの契約はamazonのページから簡単にできると思いますので、ここでは解約の方法を紹介します。

 

f:id:mxzxkx:20170204162345p:plain

 

amazonトップページからアカウントサービスを選択、赤で囲んだ項目をクリックします。

 

次の画面、左側のバーに「KindleUnlimited会員登録をキャンセル」という項目がありますので、クリックして指示に従います。

 

これで解約は完了です。

 

f:id:mxzxkx:20170204162647p:plain

解約後も画像のように1ヶ月間は利用できることが明示されています。

 

僕のように気まぐれに本を読みたい時も使えますし、あるテーマの本を読みまくりたい、なんて時も有用だと思います。

 

広告を非表示にする