読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

車の擦り傷をコンパウンドで誤魔化す

やってしまいました

 

 

降雪した日の翌日、車をバックさせる時に凍った雪の塊に擦ってしまいました。

 

普通の雪であれば多少ぶつけても傷が入ることは少ないのですが、雪国特有の「除雪した雪を固めた塊」というモノは非常に固いんですよね……

 

 

 

f:id:mxzxkx:20170204135739j:plain

大変わかりにくいのですが赤で囲んだ部分、光が歪んでいるのがわかります。

肉眼だと傷ついているのがすぐわかるのですが写真だと難しいですね。

 

幸いにも表面の傷だけで、塗装の地までは見えていないようです。

この程度なら傷だけならせばほとんど見えなくなる(と信じたい)と判断したため、

 

泣きながら近所のホームセンター(カインズホーム)にてコンパウンドを買ってきました。

 

f:id:mxzxkx:20170204140120j:plain

PB品のコンパウンドです。スポンジ付でこの値段はお安い

 

コンパウンドを掛けます

 

まずは施工面を水で綺麗にします。

 

表面に砂やゴミ等が残っている状態でコンパウンドを掛けると大きな傷が入ってしまう可能性があるので、念入りに清掃しましょう。

一番いいのは洗車してからやることですが、面倒なので僕は水で施工個所のみ清掃しました。

 

準備が出来たら付属のスポンジ(毛羽立たない布でも良いと思います)にコンパウンドを少量付けてひたすら擦ります。

 

f:id:mxzxkx:20170204140912j:plain

上下or左右、方向を揃えてひたすらゴシゴシします

 

コンパウンドと言っても要するに研磨剤ですので、最初は

 

少し磨く→水で流して状態を確認→更に少し磨く

 

と、段階を踏んでいくと取り返しのつかないミスが防ぎやすくなります。

 

小さなキズであればコンパウンドを掛けるだけで大概見えなくなります。

研磨力自体はそこまで強いものではありませんので、腕が痛くなる位頑張って磨く必要がありますが、気合いで頑張りましょう。

 

これでも消えない大きなキズであればもう誤魔化せるレベルではないので、タッチアップ等で塗装しないといけなくなってしまいます……

 

僕の付けた今回のキズはコンパウンド施工のみで大分目立たなくなりました。

 

当然ながらコンパウンドで磨いた後はワックスやコーティングが剥がれてしまっていますので、該当箇所だけでも何か塗っておいた方が良いと思います。

僕も普段使っているコーティング剤をとりあえず塗っておきました。

 

ぶつけた瞬間に「ガリガリッ!」と大きな音がして非常に焦りましたが、自分で何とかごまかせるレベルの傷で良かったです。

安全運転に引き続き気をつけます……

 

 

 

広告を非表示にする