リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

エコーバレーでスバルのゲレンデタクシーに乗りました(1)

長野県の白樺湖エリアにある「エコーバレースキー場」にて2月4日-5日に行われたスバルのイベント「ゲレンデタクシー」を体験してきました。

 

簡単に説明すると

「スバルのSUV車に乗り、スキー場の一エリアを駆け登ることができる」というイベントです。

 

 

今年初めて存在を知ってからの初参加でしたが、非常に楽しかったです。

一部始終をどうぞ!

 

f:id:mxzxkx:20170205220429j:plain

開始前です。

並んでいるのは手前から

フォレスター

レガシィアウトバック

インプレッサXVハイブリッド

の3車種。 今回のイベントで乗ることができるのもこの3種でした。

 

 

まずは受付から。

f:id:mxzxkx:20170205220827j:plain

スタートは午前9時からだったのですが、午前8時半頃には既に行列が出来ていました。

テント内で受付をする際、スバルに対しての自身の肖像権の許可などが記載された誓約書に署名する必要があります。

撮影された写真などが公式HPに載ることがありますので必要なんでしょうね。

車内にアクションカメラも設置されてましたので、基本的に撮影されているものと考えていた方が良さそうです。

僕はずっとゴーグルをしていたので気にしてませんでしたが……

 

 

受付が完了した後、好きな車の前に立ち、スタッフの方に記念撮影をしてもらいます。

f:id:mxzxkx:20170205221750j:plain

 

ここで重大な注意事項が一つ。

撮影してもらった写真をハッシュタグ付きでSNSにアップすることがゲレンデタクシー乗車の条件となります。

 

LINE・TwitterFacebookInstagram等々、有名SNSであれば何でも良いようです。

要するに「 #ゲレンデタクシー + 撮影写真」が入っていればOKです。

 

僕はLINEのタイムラインにアップしたので、遊びに行っている事が周囲にバレてしまいました。

別に困るわけではありませんがちょっと気恥ずかしい……

 

(ここまで書いて思いましたが、SNSやってない人はどうするんですかね?)

 

撮影してくれたスタッフの前でSNSにアップした事を確認してもらった後、ここでいよいよ乗車前の列に並ぶことができます。

 

f:id:mxzxkx:20170205223207j:plain

先頭まで来た所でスタッフから

・乗りたい車種

・助手席か後席か

・頂上で降ろすか往復するか

の3点について確認をいただきます。

 

タクシーではなくなってしまうのですが、僕のオススメは間違いなく後席・往復です。

次の記事で上記の理由と乗車した感想とともにご報告させていただきます。

 

広告を非表示にする