読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

エコーバレーでスバルのゲレンデタクシーに乗りました(2)

スノーボード レジャー

先日より記事にしていましたスバル「ゲレンデタクシー」体験記、今回は実走行編です。

 

当初は適当に1回乗って終わりにする予定でしたが、実際に乗ったところ非常に楽しかったため、結果として3回乗ってしまいました。

3車種に乗ることができましたので、それぞれの感想をご報告させていただきます。

 

 

まずはじめに、今回のイベントでは自分で運転することはできません。

スタッフの方(確認した所、全員かどうかは不明ですがほとんど職業ドライバー=プロの方のようです)に運転していただく為、体験者は助手席or後席に座ることになります。

自分で運転してみたかったのですが、安全上仕方ありませんね。

全車種において同じコースを登り・下りの往復で走りましたので、各車種の感想がそれぞれ車ごとの相対的な比較となってしまいますことをご容赦頂ければと思います。

また、雪が降り積もったゲレンデですので時間帯によって地形や雪質が変わっていました。

舗装路ではないですし当然といえば当然なのですが……つまり下記比較も曖昧な部分があります。

 

まずは共通項

3車種全てに共通した感想として、4WD(スバル的な名称ではAWD)の制御が素晴らしいと感じました。

当然足元はほとんどグリップしないであろう積雪状態であるにも関わらず、

タイヤの空転→トラクションコントロール介入→タイヤが路面を掴んで加速

の一連の流れに全く不安を感じません。

この辺りは恐らく他メーカーが中々追いつけない領域なのかもしれませんね。

長い期間4WD車を作り続けたノウハウの蓄積から得られた性能でしょう。

 

往復路を希望するとゲレンデを下ることができるのですが、

(下り坂道+積雪路なんて自分の車では大変どころじゃなく緊張します)

減速時にありがちなブレーキスリップ→破綻も気配すらなくするすると下って行きました。

写真が無くて残念ですが、スキー場ですし、それなりの斜度がある道です。

スバルが4WD技術を誇る気持ちもわかります。素晴らしい性能でした。

 

 

フォレスターターボモデル(318万円)


・強烈な力強さがあります。
 加速Gが掛かる→後輪がスリップして流れる→すぐさま制御が入り路面を掴んで加速・・・
 と、前後左右に目まぐるしくGが掛かり、アトラクション要素が最も強い車だと感じました。

・後席は充分な広さがありましたが、ぐわんぐわん揺れては跳ねて、落ち着き感はありません。
 路面や車重に対し、パワーが過剰なせいもありそうです。

やんちゃでアクティブな印象を受けました。


レガシィアウトバック(320万円)


フォレスターに比べると加速感は劣りますが(自然吸気ですしね)不足してはいません。
 ターボ特有の急激なGは感じませんでしたが、遅いとは思いませんでした。
 ドライバーや地形の違いもあるのかもしれませんが、今回乗車した3車の中で一番しなやかな足だと感じました。

・後席は広くてゆったりとしたすばらしいシートでした。
 バタつかないと感じたのはシートのおかげもあるのかも。

足周り・パワーバランスから車としての上質さを感じました。


インプレッサXVハイブリッド(267万円)


・値段の差も当然あります。あるのでしょうが……他の2台と比べてしまうとパワーが足りないと感じます。
 性能面では実用上全く問題ないパワーを持っているのですが、上記2種はXVハイブリッドより100馬力程度プラスパワーを持っている車ですので仕方ありませんね。
 それでもインプレッサXVハイブリッドはエンジン+モーターで163ps程のパワーがありますので、普段使いとして不足する事はないはずです。

・上記2車と比べてしまうとやはり後席は狭く感じます。
 ですが先代インプレッサがベースなので、私の所有するアクセラよりは広さはあるはず。
 パワーが程良いこともあってか、乗り心地は悪いとは思いませんでした。

値段込の話ですが、バランスが取れている車ですね。

デザインは一番好みです(笑)

 

まとめ

乗車にSNS必須、というのが多少面倒であるものの、無料でこの性能を体感させてもらえるのは非常に良いイベントであると感じます。

マツダユーザーな私ですが、スバルの広報にのって「ぜひ体感してほしい!」とみなさまに強くオススメできるような性能を持っている車でした。

2017年のゲレンデタクシーイベントは2/18,19の高鷲スノーパーク(岐阜)で締めくくるようです。

お近くの方はぜひ体感されることをオススメしたいです。

 

 

また、前記事で後席・往復をオススメ、と言った理由ですが、

 

・後席の方がスリップからの制御介入→立ち直りがわかるから

・往復の下りコースで車の性能を感じてほしいから

 

と言った単純な理由です。

普段FF車で雪道に苦戦している身としては驚嘆に値することでした。

それだけです(笑)

広告を非表示にする