読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

Bluetoothキーボード「K380」と「K480」をめちゃくちゃ悩んでK380を買いました

デジモノ 日々のこと

iPad miniで文字入力がしたい!

 

ということで、兼ねてより欲しい欲しいと思っていたBluetoothキーボードを購入することにしました。

  

Bluetoothキーボードは様々なメーカーから発売されており、本当は美しさの面からもApple純正をチョイスしたいところでした

 

しかしキーボードとして大変お値段が張ることと、iPad miniiPhoneと併せて持ち運び、かつフレキシブルに機器を切り替えて入力できることが必要でしたので、その時点でロジクール以外の選択肢はありませんでした。

 

ロジクールからは機器切り替えが可能なキーボードがいくつか発売されていますが、iPad miniと併せて持ち運ぶ事を意識すると俎上に上がったのがこの2台。

 

 

 

 

K380とK480です。どちらもコンパクトキーボードですね。

 

発売から時間が経っていることもあり、Amazon上での実売価格は現時点でほぼ同じ。

 

サイズもiPad miniより若干大きい(airのサイズ?)程度なので、鞄に入れて持ち運ぶ分には問題なし。

 

当初はタブレットスタンドが付いていて、機器の切り替えがダイヤルタイプで大変面白そうなK480をチョイスしようと考えていました。

 

ではなぜタイトルのようにK380を選んだのかと言うと、K480はK380より392g重いのです。

 

ちなみにK380は423gで、K480は815gです。

 

倍近く違うんですね。

 

持ち運ぶことを前提とした場合、荷物はできる限り軽くする事がベターです。

 

本当はダイヤルガチャガチャしたかったんですが、複数のガジェットを持ち運ぶ場合、一つ一つは軽くても個々の積み重ねでズッシリきちゃうことが多々ありますからね。

 

持ち運ばずに使用する事を前提とした場合、キーボードとして当然重い方が安定性があるのでベターなんですが……。

 

かくして3ヶ月程悩んだ僕はBluetoothキーボードをようやく購入する事ができました。

 

先日注文しましたので、届き次第またレビューさせていただきます!

 

広告を非表示にする