読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

叩いて叩かれてばかりのマツダコネクトの良い所を考える

先日の僕のブログでお話をしたマツダコネクト。

インターネット上にも酷評が溢れていますし、僕自身も完成されたシステムだとは思っていません。

 

ですが、現状マツダ車を購入しようとすればほとんどの場合で避けて通れないのが実情です。

 

マツダコネクトがあるからマツダ車は購入しない!というような方であればともかく、僕のように他の部分に惚れてマツダ車を購入したようなユーザーの場合(クリーンな方法では)外すことのできないマツコネにブー垂れても仕方ありません。

 

ということで、マツダフリーク(マツディスト?それともマツディッタ?)を増やす為にも、マツダコネクトの良い部分・メリットを考えたいと思います。

 

 

コマンダーコントロールが一体化されている

f:id:mxzxkx:20170212110455p:image

コレのことです。

 

車両の真ん中、肘置きの近くに位置していて、マツコネナビに直接タッチしなくてもほぼ全ての操作が可能になっています。

 

ボタン配置さえ覚えれば手を伸ばさず・手元を見ずにナビを操作できますので、非常に使いやすいです。

 

ナビに指紋を付けずに操作できるのもGOOD。

 

このコマンダーコントロールがナビとセットになっていること、これが一つのメリットでしょう。

 

走行中のナビ操作自体の是非はありますが、前面を向いたまま操作できる、というのは間違いなく安全に繋がりますからね。

 

 

マツダ謹製の為、ディーラーでナビまで含めて対応できる

当然と言えば当然ですが、マツダコネクトはマツダが自身で用意したシステムなのです。

 

(なので不具合だらけなのでしょうが)

 

車のメンテナンスと併せてナビシステムも同じディーラーでメンテナンスが可能、というのは良い所ですね。

 

このシステムを組み込む事でマツダ車のメンテナンスを正規ディーラーへ囲い込ませるわけですから良し悪しですが、マツダディーラーにメンテを全て依頼されている方にとってはメリットだと思います。

 

だからと言って未完成なシステムを市場に放出して良いわけではないです(毒)

 

 

安い

一番大事な事です。価格が安いって事は大事なのです。

 

車のナビというのは基本的にお値段が張ります。

 

自身で取り付けしない限りはナビを付けるのに10万円〜コースがほとんどでしょう。

 

マツダコネクトは基本的にシステムが全ての車にインストールされており、ナビ用SDカードを差し込む事でナビゲーションシステムが利用できる、という仕組みです。

 

よって、ナビ機能以外のオーディオ等々は車を買ったらそのまま使えるわけですね。

 

ちなみにナビSDは35,000円で購入できます。

アクセラのSDの値段ですが、他車でも恐らく同額だと思います…たぶん…)

 

このコスパは圧倒的です。

 

ナビを一番安く使う手段としてはタブレットスマホにナビアプリをインストールすることですが、やはり操作性や視認性、美しさ(!)については車両設置型が優位ですからね。

 

 

まとめ

良い所を考えるはずなのに毒が出てしまったりしましたが、マツコネはデメリットばかりのシステムではないと考えています。

 

マツダコネクト搭載のマツダ車を買いたいけどナビが心配…という方でも、致命的な程のマイナスにはならないことをここに申し上げさせていただきます。

 

走行中に車が停まったりブレーキが効かなくなったりすることはありませんからね。

 

致命的なマイナスは無くとも、瀕死的なマイナスはあるかもしれませんが(毒)

 

広告を非表示にする