読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

晩酌ビールを高コスパのハイボールへチェンジする

突然ですが皆さんは晩酌されますか?

僕は基本的に毎日飲んでいます。あまり強くはないので翌日に響かない量(350ml缶1本程度)を嗜む程度にですが……。


少量でも毎日続けて飲んでしまう飲み方があまり良くないのは重々承知しているのですが、日々の疲れをリフレッシュする為にも僕の生活にアルコールは欠かせないものになっています。

 

ということで毎日ビール(は高いので発泡酒)を飲んでいたのですが、ふとした瞬間に天啓を得たのです。


「僕って別にビールが好きな訳じゃなくて、喉越しとアルコールを楽しんでいるだけなんじゃないの?」


だったらもっと安い酒にチェンジすればお財布にも優しいしいいんじゃないの?」


ヒラメキをヘッドにゲットした僕は代替酒を探すべく迷走しました

・嫌いな味でないこと
・安いこと
・手間が少ないこと
・飽きないこと


辿り着いたのが「安ウイスキーを使ったハイボール」です。

シンプルなハイボールは飽きが来ない!

安いウイスキー+炭酸水なのでコスパ抜群!

作り方はウイスキーを少量入れて炭酸水をぶち込むだけ!簡単!


炭酸がキツめなソーダを選べば喉越しもすばらしいです。

個人的にはウィルキンソンがお勧め。

 

炭酸強くて安価です。

ビールよりおつまみを選ばないのもグッドです。


肝心なウイスキーですが(どうせハイボール化しますし)安くて美味しいブラックニッカを良く飲んでいます。

ブラックニッカは安ウイスキーの中では評価高いですしね。価格込みの評価なんでしょうが……。

 

作る際は目分量でも良いのですが、僕はバラつくのが嫌なのでウイスキー30cc(大匙2)+炭酸水250ccを測って作成しています。

大匙を使ってそのまま混ぜてしまうので楽チンです。

この作り方だと度数は低め(4.5度前後?)になり、ウイスキーの風味は薄めのさっぱり系になります。

ハイボールはあまりかき混ぜない方が良いので本来はマドラーなんかでちょいっとステアする程度が良いらしいですが。




せっかくなので1杯(280ml)当たりの値段も計算してみましょう。

ブラックニッカ700cc瓶が大体800円くらいで買えます。

amazonパントリーなんかで探せばもっと安いですね(700円くらい)。

 

 

1杯作るのに30cc使うので、700cc÷30cc=23.33回。

1杯当たりのウイスキーのコストは800円÷23.33回=34.2円。

割り材としてのソーダはウィルキンソンで試算します。

500cc×24本のペットボトル、amazonでの現状(2017年2月)の価格が1,901円です。

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン 500ml×24本

 

 

送料等はとりあえず抜きにして、1本あたり79.2円ですね。

1杯につき250cc(半量)使うので、1杯当たりの割り材のコストは79.2円÷2回=39.6円。


上述したウイスキーの値段と併せると1杯あたり73.8円で用意できることになります。


今まで飲んでいた発泡酒が大体350ccで140円前後でしたので、おおよそ半分のコストになりました。


毎日1杯飲む僕の場合だと月間コストが2000円くらい圧縮されるようです。



普段はビールを飲んでるけど節約したくてハイボールも好きな人(いらっしゃるのだろうか?)にはぜひ鞍替えをオススメします。

記事の方向性を根本から叩いていけませんが、そもそも嗜好品ですから好きなように楽しむのが一番良いのでしょうけどね!

広告を非表示にする