読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

スローパンクの原因はアレでした

f:id:mxzxkx:20170318201036j:plain


先日の記事にて発覚したフロントタイヤのパンク。

 

mxzxkx.hatenablog.com


とりあえず再度空気を入れて1日放置してみてもとりあえず(外観上は)大丈夫そうでした。

いわゆるスローパンクというやつですね。

 

 スローパンクは原因を見つけるまで時間が掛かることがあって厄介なんです。


ゆっくりと空気が漏れるような微細な隙間が原因だったりするので中々発見できなかったりして。

正直この時点で「うわあ面倒くさいなあ……」という感じ。


まあでも放置しておくわけにもいきませんし、原因を特定します。

まずは釘や針での穴開きパンクを確認。

タイヤをぐるっと見ましたが、傷はありませんでした。


続いてはエアバルブ。

 

ホイールについているタイヤに空気を入れる為の弁です。


エアバルブには金属製とゴム製の2種類がありますが、一般的なゴム製の場合経年劣化等で裂けたりしてしまうことがあります。

(金属製でも定期点検は当然必要ですが、ゴム製よりは破損しにくいです)

パンクの原因としては割とありがちなパーツです。

今使っているスタッドレスタイヤは今シーズンに組み替えたモノだしバルブは大丈夫だろうと思っていましたが、念のため確認。


すると……

 



裂けてました。

 

 

石鹸水で確認すると気泡がしっかり確認できます(=エア漏れしてます)

確認した所4本全部劣化していましたので、タイヤ組みつけの時にバルブ交換を忘れてしまったんですね……。


エアバルブの交換にはタイヤをホイールから外す(ビードを落とす)必要があります。

当然工賃が発生します。タイヤ4本あれば4本分掛かるので結構なお値段に。

タイヤ組み換えと同じタイミングでやれば部品代と少額の工賃で済みますので、タイヤを組み替えする際は忘れずにバルブも替えることをオススメします。


とりあえず僕のクルマについては緊急を要するフロント1本だけ出先で交換していただきました。


残りの3本についてはどうするか検討中ですが、道具を揃えてうまいこと自分で出来ないかな?と画策しています。

ネットで調べるとDIYされている方も結構いらっしゃいますし、ビードさえ落とせれば何とかなりそう。

自分で交換できるようになれば今後のメンテナンスにも役立ちますし、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに戻すタイミングでトライしてみたいと思います。

広告を非表示にする