読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リーマンが見た夢

リーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

CX-8発売決定。ミニバンの代わりは担えるのか

f:id:mxzxkx:20170428205950j:plain

マツダから3列シートのクロスオーバーモデル「CX-8」が2017年内に発売される事が発表されました。

blog.mazda.com
マツダは近々ミニバンの生産を終了することをアナウンスしていましたので、ミニバンに代わる多人数乗車モデルであることが考えられます。

 
発表されているボディサイズは4900*1840*1730mmの大きめボディで3列シート。

CX-5が4545*1840*1690のサイズですので、CX-5と比べると横幅は全く同一で全長が若干長くなるボディ、ということですね。

f:id:mxzxkx:20170428210157j:plain

CX-5のラゲッジ。505Lとのことです


CX-5は5人乗りの車両ですが、SUVらしくかなり大きめの荷室を備えている車です。

CX-8はおおよそ35cm程度のボディ延長になるようですので、3列目のスペースを考えるとCX-5よりもラゲッジスペースは削られそうですね。

とはいえ3列目シートが存在する車は大概ラゲッジスペースは狭くなってしまうので仕方ないのかも……。

北米ではCX-9という大型のSUVが販売されていますが、こちらはサイズが5065*1969*1717とかなり大きいです。

全幅が2メートル近い為、日本の道路状況には合っていないと判断されて投入されていない大型車ですね。

しかしながらCX-9はここまで大きなサイズであっても3列目の居住性はそこまで良くない(SUVのパッケージ上仕方ありません……とは言え極悪でもなさそうですが)という感じのようですので、CX-8も大きなリファインがない限り3列目は緊急用となってしまうのかもしれません。


パワートレインはCX-5,アテンザ,アクセラ等に積まれているものと同じ2.2リッターディーゼルのみ、となるようです。

個人的にはCX-9に搭載されている2.5Lガソリンターボのモデルも用意して欲しかった所ですが、CX-5(約1500kg)よりも大きな車体を動かす為には仕方なさそう。

2.2Lディーゼルは最大トルク42.8kgとNA4000cc並のトルクを2000回転から発生するスーパートルクユニットですので、実用上は全く問題ないと予想できるのが幸いですね。

3列シートの車両で最高速バトルということも無いでしょうし、必要充分なパワーだと考えられます。


価格は300万台前半からとのこと。

CX-5ディーゼル仕様が277万~となっていますのでそこに合わせてきているのでしょう。

CX-3(デミオベースのSUV)の時もそうだったのですが、ディーゼル専用モデルとなるとスタート価格が上がってしまうのが難点ですね。


僕はミニバンの形状があまり好みではないので、ファミリーカーとしての選択肢、というものが増えることは非常に喜ばしく思えます。

3列目シートの居住性が制約上難しそうであることは上述したのですが、マツダ公式ブログ上で小飼社長が

「『CX-8』は、マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現した新型クロスオーバーSUVであり、多人数乗車とともに上質さをお求めになるお客様に向けた、マツダの新しい提案です。マツダは今後も継続的な進化を続けながら、すべてのお客さまに走る歓びと優れた環境安全性能をお届けすることで、お客さまとの間に特別な絆をもつブランドを目指してまいります。

(公式ブログより引用)

というお話をされておりましたので、どのように荷室と居住空間を両立させるのか楽しみにしています。


残念ながら車を乗り換える予定は今のところ全く無いのですが(笑) 好きなメーカーの新車種発表はワクワクしますね!

広告を非表示にする