リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

マツダコネクトでの音楽再生はiPodが一番楽でした

f:id:mxzxkx:20170203221345j:plain

このブログで何回か話題にしている超端末マツダコネクト。

マツコネで音楽を再生しようとする場合(本体にハードディスクを備えていない為)外部記録媒体を接続してマツコネ上で再生するという方法がメジャーとなっております。

この外部端末のセレクトなのですが、いくつか手段がありまして……

・CDから再生(要オプション)
・USBメモリに音楽ファイルを入れて接続
・iPodをUSB接続
・ウォークマン他をUSB接続
・Bluetooth対応機器(ex.iPhone iPad)からBluetooth接続

ザッと思いついただけでもこんなところ。実際にどの方法を使うかは個人の好みに一任する感じとなっております。

音源の管理の面だけ見ると(スマートフォンのユーザーであれば)本体に入れてある音楽ファイルをBluetoothで飛ばすのが一番シンプルでしょうか。

なのですが、残念ながら僕のiPhone6は16GB(!)なのでデータ容量に余裕がないのです。

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 32GB  (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-032G-J57

SanDisk Cruzer Fit USBフラッシュメモリー 32GB (5年間保証)[国内正規品] SDCZ33-032G-J57

 

 
ということで最近までこのUSBに音楽データを入れて再生していたのですが、厄介な問題が。


音楽の同期が非常に面倒くさい


同期用のソフトか何か、探せばあったのかもしれませんが……。ドラッグ&ドロップで曲を追加したり削除したり、大変面倒です。

iTunesに慣れているせいもあり、中々手間が掛かります。


ということで、iPodを直接接続して音楽再生メディアとすることにしました。

僕はiPodを所有していないので、正確にはiPodではなく使わなくなったiPhone3GSを代していますがとりあえず無問題。

iTunesで同期してそのまま差し込むだけの簡単仕様でストレスフリーになりました。

ついでにプレイリストもiTunesで作成してマツコネ上で扱えるようになり、大変便利です。


車内の音楽環境が大変便利になり、引き出しの奥で眠っていたiPhone3GSに役割が持たせられてとても良い感じです。

マツコネでのiPodを用いた音楽再生、iOSユーザーには大変オススメです。

惜しむべきはiPodを新たに購入しようとすると中古でもそれなりに値が張ることですが・・・・・・!