リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

新型カプチーノはまだですか

f:id:mxzxkx:20170629191342j:plain

ドリンクの事ではなく、クルマの話です。


かつてスズキが販売していた軽オープンカー、カプチーノ。

AZ-1、ビート、カプチーノとABCトリオとして人気を博していた1台です。

 (何年も前から)復活なるか!?という内容で時たま車雑誌の1記事となっていたりするのですが、個人的に復活を切望している1台だったりします。

理由は単純で、現状S660とコペンしかない軽オープンカーの選択肢が増えるら。

個人的な目標、というか夢なのですが……いつかオープンカーを所有したいと思っているのです。

無理矢理にでも買ってしまえば当然それまでなのですが、現実には金銭と環境が許さないと中々所有できないもの。

現在はどちらも許されない状態でありますので、将来を夢見て日々研鑽するのみとなっております。

勿論、ロードスターをはじめとして国内外で乗用車まで目を向ければ優秀なオープンカーは沢山あります。

ただ、日本国では軽自動車区分であれば税制優遇を受けられるため、維持費の安価な軽オープンカーも現実的な候補として考えています

そもそもは乗用車の税制がキツすぎるのが様々な問題の元凶だと思っていますが……それはまた別の話ですね。


ということで、カプチーノという名前ではなくとも、スズキが作る軽オープンカーの復活を待ち望んでいます。

初代カプチーノのようにFRベースで作ることはまず不可能でしょうから、FFでも4WDでも構いません。

新型のアルトワークスが結構良い印象でしたから、ぜひぜひスズキにもう一度オープンカー市場へ参入して頂きたいです。

何ならアルトワークスの屋根だけカットしてくれればそれでも良いです(笑)