リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

タイヤに刺さる異物の恐怖と思い込みの恐怖

f:id:mxzxkx:20170321193501j:plain

ある日、車を運転していた時のことです。

車内の空気を入れ替えたくて何の気なしにウインドウを空けた所、コツン……コツン……と聞きなれない音が。

最初は近隣で何かやっている音なのだろうと思い、気にしていなかったのですが、数100メートル走行してもまだ聞こえておりました。

冴え渡る第六感。嫌な感覚を感じながら、よくよくその音に耳を澄ませてみると……

車速に合わせて一定のリズムでコツコツ鳴っています。

 

はい。タイヤです。

 


釘か小石か、タイヤに挟まった(もしくは刺さった)異物が地面と接触したときに音が出ていると判断。

左フロント側のウインドウを開けると音が聞こえるようになる為、おそらく左前のタイヤに問題が起きているのだと思われます。

とりあえず現時点では外形も空気圧も問題無さそうだったため、とりあえず自走して自宅に戻り、ジャッキアップして左前タイヤを外してみました。

みたのですが……何も問題がありません。

タイヤ自体には異物は一切無く綺麗なもので、それではと思いブレーキホースあたりの干渉を調べましたが、これも問題なし。

ホイール裏のステッカー剥がれなどもなく、原因が一切掴めません。

予想が全く外れ、狐につままれた気分になりながらとりあえずジャッキアップしたついでに周囲を点検。

タイヤやホイールに当たってそうな部品は当然ありません。

泣きそうな気分になりながら15分程右往左往した後、とりあえずタイヤを戻しました。


ここまで分からなければとりあえず仕方ないな、ということでフロントタイヤのついでにリアタイヤも点検することにして、ジャッキアップして左リアタイヤを外すと……


 


タイヤの溝からはみ出すほどの大きな石が挟まっておりました(笑)


「音が前から聞こえている気がする」というだけでフロントに原因があると思い込んでしまい、時間を無駄にした失敗の話でした。

幸いにもパンクしていなかったのが救いでしょうか……。