リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

理容費のコストの話

f:id:mxzxkx:20170724191232p:plain

僕は大きな無駄遣いはちょこちょこやってしまっているのですが、定例的に掛かるコストについてはコスパコスパの削減マシンでいく、という姿勢を意識しています。

その「大きな無駄遣い」が激しいため、結果的にお金は全く貯まらないのですが……それでも月々の固定費についてはかなり意識しています。

ネット関連のコストなんかに対しては特に気にしていて、携帯を格安SIMに変えたり、固定回線をWIMAXで代用したり、涙ぐましい努力を続けています。

 


そうやって削っている固定費の中でも、どうやっても節約できないもの」「節約できるけどしていない」ようなものがやはりありまして。

僕にとって前者は保険料やガソリン代なんかが主です。住宅費とかも。

ガソリン代は正直微妙ですが……保険料は既に手を入れておりますので現状ではこれ以上どうしようもない状態。

自動車保険の保障を下げるわけにもいきませんし(笑)

そして後者は……被服理容費ですね。

無頓着な僕は衣類を毎月決まったように購入しているわけではありませんので良いのですが、ここで気になるのが散髪に掛かる費用。

簡単に計算してみる事にします。


スケジュール帳を辿ってみると僕は平均して1.7ヶ月に1回散髪しているようです。年7回くらい髪を切っている計算ですね。

1回のカットに掛かるコストが約4,000円ですので、年間28,000円。

月間に直せば2,500円。馬鹿に出来ない金額ではあります。

仮にここを節約しようと決めた場合、セルフで散髪できない僕が取れる手段は2つ。

散髪の回数を減らすか、1回あたりの費用を減らす(美容室を変える)かですが、すぐにボサボサになってしまう髪質なので(笑)サラリーマンとして働いている以上散髪の回数をこれ以上減らすことはできません。


ちなみに、日本人の標準的な髪の伸びる速度は1ヶ月に1cm程度らしいです。

たかが1cmとはいえ、頭髪全てが同じように伸びればヘアスタイルが保てないのも頷ける話ですね。

もちろんメンズに多いショートスタイルなら尚のこと、髪が若干伸びただけでもスタイルは崩れているように見えるはずです。

そういうことで、散髪頻度は減らすことができません。ということで、手が出せるのは1回の費用を減らすことなのですが……。

ざっと調べたところ、僕の住んでいるエリアの近隣の最低カット料金は1,500円のようですから(もちろんスピードカットの店です)1回あたり2,500円節約できる計算。

コスト面以外の要素を排除し、スピードカットで散髪するようにした場合年間で17,500円節約できるようです。(2,500円×7回カットとして)

月当たり1500円くらいですかね。


……長い付き合いの美容室を変える手間やらを鑑みると、「このくらいなら現状維持しようかな」という感じになるのです。

「節約できるけどしていない」という表現はそういうことですね。

無尽蔵に収入があるわけではありませんので、節約すること自体は大事だと思っていますが……抑える所は抑えつつも、付き合いや信頼には惜しみなくお金を出せる人間でありたいものです。