リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

新型スイフトスポーツが発表されましたね

f:id:mxzxkx:20170728202857j:plain

7月24日、スズキから新型スイフトスポーツを2017年9月のフランクフルト国際モーターショーで公開する、という発表がありました。

スズキ、フランクフルトモーターショーで新型「スイフトスポーツ」を初公開|スズキ


現行の4代目スイフトの発表が2016年12月末でしたので、大体10ヶ月越しでのスポーツモデルの投入、という感じでしょうか。

アルトワークスの時と似たような流れですね。

 
ただし今回はアルトと違って当初に「スポーツモデル出しません」という事は言わなかったようですが(笑)

(僕がモデルチェンジ直後にアルトターボRSを試乗に行った際、スズキディーラーからは「ワークスは出ません」と言われました。「現時点では」という前置きが本当はあったのかどうかは今となっては不明ですが)


さておき、新型スイスポですが……ベースとなるスイフト自体が3代目→4代目で100kg程軽量化していますので、スポーツも3代目(1050kg)よりおおよそ80-100kg位は軽量化してくるのではないかと予想できます。

エンジン出力がデチューンされない限り、確実に速くなりそうですね。

3代目スイフトスポーツはNA1600ccで136ps/16.3kgmでしたが、恐らくモデルチェンジで出力を下げてくることは無いと思われます

もしかしたらパワーを下げて低回転のトルク向上、という感じでドライバビリティを改良することはありそうですが……

一部ニュースサイトでは「1.4Lターボ濃厚か?等と記事になっていました。

エスクードに1.4Lターボ(136ps/21kgm)の搭載グレードが最近出たようですので、同じものが搭載される可能性はありそうです。


ベースの現行スイフトはBセグメントでは走りの面でかなり評価が高い車ですよね。

僕個人としてもスイフトはデミオと並んで国産コンパクトカー内ではトップ水準の走行性能を持っていると思っています。

(もちろんNISMOやGRMNなどのメーカーチューニング車は省き、居住性やら燃費やら快適性やらそういったものを除いた走行性能単体での個人的な感想です)

アルトワークスなどもそうなのですが、単純に「軽ければ速い」というのは真理です。

燃費も向上しますし基本的には(衝突さえしなければ!)良い事尽くめ。

アクセラももう少し軽かったら良かったなあ……等と思う事もあったりなかったり。

逸れましたが、新型スイスポ非常に楽しみです。スポーティーカー市場が賑わうことを心より望みます。

f:id:mxzxkx:20170728202857j:plain

1点気になることと言えば、イメージカラーはまたイエローなんでしょうか。

シルバーも結構格好良いと思うんだけどなあ。