リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

アクセラのリア樹脂部を何とかしたい

f:id:mxzxkx:20170731101707j:plain

車のバンパー等に多く採用されている未塗装樹脂。

元々は衝突や傷の対策としてあえてバンパーやリップ等を未塗装にしていたものでした。

昨今の車には結構意匠としても採用されている事が多いようですが、マツダ車は特に顕著ですね。

アクセラにもリアバンパー、フォグランプ、Bピラー等々様々な場所に使用されています。

 

ぶつけた時の事を考えて未塗装とする、という理由はわかるのですが……この樹脂、何かと扱いが面倒臭いのです。

 

傷が入っても基本的には修繕できませんので、傷が入ったら交換するというスタイルになります。

更にワックス等で車を磨いた場合、アイテムによっては樹脂の隙間にカスが入り込んでしまって白っぽくなってしまうこともあります。

古い車だと良くわかりますが、経年劣化で白っぽくくすんでしまうことも。

 

上部画像は僕のアクセラのリアバンパーなのですが、何かのケミカル(失念しました)を使った際に樹脂部に悪影響が出てしまったようです。

雨上がりに撮影した画像なので若干わかりにくいですが、白っぽくボケてしまっています……。

 

「黒樹脂復活剤」というアイテムも使ってみましたが、経年劣化の白ボケではない為にあまり効果はありませんでした。

この樹脂部分ですが、リアバンパーの中で面積が大きい為、洗車した後などはこの白ボケがかなり目立ってしまいます。

 

あまりに見栄えが良くないので何とかしたいとずっと思っていましたので、ここにきて対抗策を考える事にしました。

とりあえず思いついたのが3つ。

 

1.未塗装樹脂を交換する

2.塗装する

3.被せるタイプのエアロを装着して隠す

 

この中で1番目を真っ先に検討したのですが、どうやらこの部分だけの交換はできないようで「リアバンパー全体のAssy交換」となるようです。

流石にコストが掛かりすぎる為ちょっとNG。

 

ということで2番と3番を並行して調べていたのですが、ちょっとした妙案を思いつきました。

 

f:id:mxzxkx:20170731103801p:plain

マツダスピードのリアアンダースカート、中古品が意外と安くヤフオクに出ているようです。(2017年7月時点では1万円以下でした)

マツスピのこのエアロは画像の通り未塗装樹脂部分の上から隠れるデザインの為、中古エアロを塗装して装着してしまえばいいと考えました。

ただ塗装するよりは当然コストは掛かりますが、それでも新品を購入するよりもお安くマツスピのエアロが装着できますので、マツスピエアロが好みのデザインである僕としては迷わずこっちです。

 

ということで、ポチッとやってしまいました。

 

塗装も依頼済みですので、後は装着トラブルが無い事を祈るのみです(笑)