リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

一番コスパの良いチューニングとは

 

ドライビングプレジャーを得るため、またはタイムを縮めるため。

様々な目的の下、愛車にチューニングを施していくわけですが……車に行うチューニングというものは基本的にそれなりのコストが掛かります。

勿論ローコスト(または無コスト)で行える範疇のチューンもあるのですが、ここでは個人的に素人チューンで一番効くと思っているもの、つまりコストパフォーマンスが最も高いと思っているものをご紹介したいと思います。

それは……

 

ドライビンググローブとドライビングシューズを購入すること(笑)

(笑)なんて付けていますが、もちろん冗談ではありません。

プロではない我々一般人が手を加えてもっとも効果がわかりやすいのはこういった装備品だと思っています。

f:id:mxzxkx:20170812084503p:plain

ドライビンググローブ、いわゆる指出しグローブですが……装着した見た目は正直中二病っぽいです。

ですが侮るなかれ、ステアリングやシフトノブが滑らなくなりますので運転操作が大変ラクになります。

汗をかいても滑らなくなるのもグッドですね。

もちろん指先が覆われていませんので、タッチパネル式のスイッチ類の操作等には影響しません。

ドライビングギアとしては「レーシンググローブまでいかないモノ」ですので、そこまで価格が張らないのもいい感じです。

f:id:mxzxkx:20170812084702j:plain

シューズの方ですが、そもそも履き物って結構重要だと思っています。

ブレーキタッチのフィーリングが明らかに変わりますからね。

スニーカー等だと別に良いんですが、クロックスあたりを履いて運転するとブレーキの細かい調整が凄く難しいです。(安全面でも止めた方が良いです)

昨今は「ドライビングシューズ」と銘打たれていてもお洒落なアイテムも増えていますので、普段使いと兼用しても問題なさそうな感じですね。

グローブに比べて若干価格は高いですが、正直スニーカーでも底の形状と柔らかさを気にすれば結構良い感じのものはあります(笑)


タイトルで釣っているような記事になってしまいましたが、この2アイテムについては本気でコスパが良いと思っています。

上述したような効果もさることながら、「気分の高揚」が一番の肝ですね。

これからドライブするぞー!という気持ちになる事受け合いです。特にグローブ。

見た目はちょっとアレですが、まずは安価なグローブから……ぜひとも、いかがでしょうか(笑)