リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

5mのHDMIケーブルを使って部屋の端から端まで繋ぐ

f:id:mxzxkx:20170906185840j:plain

ゲーム熱が再燃し、時間を見つけてはPS4で遊んでいる僕です。

 

僕がPS4でゲームをしている部屋のレイアウトはこのような感じで、今まではTVにPS4を接続してメディアを楽しんでおりました。

しかし、ある時から諸事情でTVの優先度が高まり「PS4を起動した状態でTVが見られる」状態が必要になってしまったのです。

更に現状では模様替えなども出来ない状態。(やる気がないだけ)

ということで、長めのHDMIケーブルを購入してPS4とモニターを接続することにしました。

 

エレコム ハイスピードHDMIケーブル 5.0m イーサネット/4K/3D/オーディオリターン対応 ブラック DH-HD14ER50BK

エレコム ハイスピードHDMIケーブル 5.0m イーサネット/4K/3D/オーディオリターン対応 ブラック DH-HD14ER50BK

 

タイトルでオチがついていますが、PS4の置き場所の背面の壁長が大体4m程度でしたので、壁面を這わせるために余裕を持って5mのHDMIケーブルを購入しました。

HDMIケーブルは多種多様なメーカーから販売されておりますがとりあえず5mの設定が存在してそれなりに良さそうなエレコム製「DH-HD14ER50BK」をセレクト。

 

 
amazon謹製のアイテムも試してみたかったのですが、5m設定が無いんですよね。

安い割に良い評判を聞くのですが……3mの次が4.6m、7mとなっていてちょうど良いのが選択できず。

f:id:mxzxkx:20170906190154j:plain


このような感じに壁面を這わせて接続しました。

壁の長さは4mですが、このやり方だと5mの線でギリギリでした。


長いHDMIケーブルを使用する際に怖いのが、距離による減衰です。

ケーブルに金属を使用している関係上、距離が長くなれば長くなるほど外部ノイズ等によるデータの減衰が起きやすく、物によっては画面が映らなかったり、遅延が激しくなったりしてしまうとのこと。

今回それなりに長いケーブルを使用しましたので、遅延や劣化にビクビクしていたのですが、結果から申し上げるとただの杞憂で済みました。

エレコムのケーブルの質が良かったのか、そもそも5m程度では問題が無いのかは不明ですが、とりあえずPS4→PCモニタ間では遅延も感じられません。ヘッドショット狙っても大丈夫(笑)

コントローラの充電さえ注意しておけばPS4から離れた場所で操作しても無問題で快適です。



簡単に調べてみると、大体5mより長くなってくると不具合が出やすくなるそうですね。

接続先やケーブルの質にも寄るものの、5mを超えるHDMIケーブルに関しては多少高くてもハイブランド品を選択した方が良いのかもしれません。

もちろん、長く取り回さなくても大丈夫なレイアウトを用意するに越した事はありません(笑)