リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

トヨタのスポーツブランド「GR」の印象

2017年9月19日、トヨタのスポーツカーブランドとして「GR」と呼ばれるブランドが発表されました。

「GR」の中にも、"GRMN" "GR" "GR SPORT" の3種類が存在しており、更に"GR PARTS"という名前の純正アフターパーツが販売される、とのこと。

一度に複数の名称が出てきて、一体なんのこっちゃ?という感じです。

 

f:id:mxzxkx:20170927061759j:plain

toyota.jp


もちろん、トヨタのGR公式HPを見れば内容がわかりやすく解説されております。

これを見た上で、上記3種類のグレードの内容についての僕なりの印象をかみ砕いてメモしておこうと思います。

f:id:mxzxkx:20170927061910j:plain

まずGR公式の上記の図。これは「走りに対しての純度」として考えるとわかりやすいと思いました。

上に行けば行くほどその車の走りは特化していきますが、ユーティリティ性はおそらく悪くなり間口は狭くなる(人を選ぶ)わけですね。

一番上のGRMNはエンジン仕様も変更されていくようですし、当然標準車よりは日常の利便性は劣ってしまうでしょう。


GR SPORT

一番下、GRパーツの次に位置されている"GR SPORT"ですが、いわゆるRSグレードなどの「スポーティー仕様」に近そうです。

基本的にはサスペンション含めたパーツ交換・補強の追加程度の、標準車より若干走りのレベルを上げた仕様、と考えられます。

ただ、車種によってはスポット溶接の打点追加等もあるそうです。

基本的には標準車にGRパーツを装着してもGR SPORTと同等の仕様にはならないと判断して良さそうですね。


GR

上記GR SPORTの更に強化版、という感じでしょうか。

現状ではヴィッツのみ情報が出ておりましたが、いくつかある変更点のうち一番気になったのが

 

 10速スポーツシーケンシャルシフトマチック
シフトをMポジションに入れることで、マニュアル感覚の素早いシフトチェンジが可能に。10速もの変速段を自在に駆使してアクティブな走りが楽しめます。

 

という部分。

ベースのヴィッツに用意されていたCVT or 5MT という仕様はそのままなようですが、トランスミッションにもセッティングの範囲内でなら手を入れてい、というのがGRの特徴になるのでしょうか。

メーカー純正のコンプリートカーっぽさを感じますね。

GRMN

f:id:mxzxkx:20170927062421j:plain

f:id:mxzxkx:20170927062442j:plain


"究極のスポーツモデル"とトヨタが評しているGRMNですが、こちらはメーカー純正のチューンドカーという感じです。

画像は現状情報が出ているヴィッツのGRMNモデルですが、そもそも3ドア仕様になっています(笑)

ベース車は日本のヴィッツではなく、フランス工場で作られている欧州仕様の"ヤリス"である、ということですね。

更にエンジンは1.8L+スーパーチャージャーで212PS/25.4kgmのスペックを持っている、とのことでした。

加えてトランスミッションも6MTとなるようです。

まだプロトタイプの段階ではあるようですが、既にGRMNモデルの楽しさが伝わってきます。

"やりたいことをやるためにトヨタが出来る範囲で何でもやる"というのがGRMNの仕様、という風に読み取れました。



一番気になるGRMNのファーストモデルのヴィッツの販売開始は2018年春頃になるようです。

台数限定生産ということで試乗等は難しくなりそうですが、正直プロトタイプの情報を見たとき「トヨタがここまでやるのか」とびっくりしました。

"スポーツカーが下火になった"と言われてから何年、というか何十年と経ってしまいましたが、大手メーカーが力を入れてくれる事で少しでもスポーツカー好きが増えて欲しいな、等と思ってしまうのでした。