リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

期間の過ぎた定期点検ステッカーを剥がす

f:id:mxzxkx:20171015142332j:plain

フロントガラスにずっと貼られていた定期点検ステッカー。

ダイヤルステッカーとも呼ばれる、点検時期を記録する為のシールです。

昨年の6月に点検を行った際に整備業者に貼られ、本年度は業者点検をしなかったため放置されたままとなっていました。

このまま放置して貼付有効期間を過ぎてしまうと違反を取られてしまう為、サクッとこのステッカーを剥がします。

 

f:id:mxzxkx:20171015142401j:plain

裏側から見た画像。

しっかりフロントガラスに貼り付けされています。糊がベタベタ残りそうな気配がプンプンします(笑)

 

エーモン 両面テープはがし剤 天然オレンジオイル 30ml 1691

エーモン 両面テープはがし剤 天然オレンジオイル 30ml 1691

 

シール剥がし剤スクレーパーそして更にカッターナイフ拭き取り用のキッチンペーパー。

対ステッカー用の完璧な布陣で挑んだのですが……とりあえず、と思って素手で剥がしたら簡単に取れてしまいました。

昔の点検ステッカーはベタベタ跡が残って本当に苦労した記憶があったのですが、素材が変わったのでしょうか?それともたまたま?

若干残った糊跡を掃除するくらいで本当にあっさり終わってしまいました(笑)

f:id:mxzxkx:20171015142607g:plain

前に剥がした低燃費/低排出ガス認定ステッカーが本当に長い戦いだったので、ちょっと身構えすぎたのかもしれません。

f:id:mxzxkx:20171015142632j:plain

剥がしたステッカーを改めて確認。

平成28年6月に点検を受けたので、点検指示の時期は平成29年6月。

貼付期間はそこから半年後の平成30年1月となっています。

以前はこの貼付有効期限が点検時期の3ヵ月後までだったような気がするのですが……変わったのでしょうか?


このステッカー、貼らなくても法律上問題は無いのに貼ったまま期限を過ぎると保安基準違反になるという不思議なアイテムです。

業者で定期点検している方は自動的にステッカーが更新されていくので問題ないと思いますが、車両点検を自分で行っている場合は注意する必要がありますね。

定期的なメンテナンスの励行を推進する為のステッカーですので、通常はおいそれと剥がせる物ではないかと思いますが……上述したようなDIY派であれば、忘れないうちに剥がしておくことをオススメしておきます。

あんまり見た目も美しくないですしね。