リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

アクセラに使うマツダ純正エンジンオイルを5W-30へ変更

SKYACTIVのガソリンエンジンには初期充填オイルとしてールデンECOという名前のオイルが使用されています。

0W-20規格のサラサラ系のオイルですね。

f:id:mxzxkx:20171021120104j:plain
僕のBMアクセラ(2000ccガソリン車)初期仕様に倣い、オイル交換の際にはずっとこのゴールデンECOを使ってきたのですが、アクセラの取扱説明書を見ると"ゴールデンECO GF-5 (SN_0W-20),ゴールデンSN GF-5 (5W-30),ゴールデンSM GF-4(5W-20)の3種が対応"しているという記載があります。
(もちろん"ゴールデンECOを推奨します"との一文もありますが)

0W-20のゴールデンECO、かなり柔らかめのオイルですから燃費性能に長けているのはわかるのですが、もう少し固いオイルも試したくなってしまいました。

f:id:mxzxkx:20171021120226j:plain

と言う事で今回行ったオイル交換ではゴールデンSN GF-5(5W-30)を充填。

ゴールデンSM GF-4(5W-20)も選べるようですが、SMの方は規格が2004年設定となっていて古めなのでやめておきました。

ゴールデンSNですが、性能の良し悪しの前にまずゴールデンECOよりお財布に優しいす(笑)

甲信マツダだとゴールデンECOとその他で1.5倍くらい単価が違うので、その点で既に大きなアドバンテージですね。

(ちなみに今回の選択肢をマツダ純正オイルに限定しているのは甲信マツダのオイルチケットを所持している関係です。製造元は出光と聞いた事もありますし、良いオイルであれば他社製でも良さそうです。特殊なエンジンであれば純正に拘りたい所ですが、普遍的なガソリンエンジンですし)


さて、0W-20 → 5W-30の変更ですが、思っていたより体感的な変化を感じる事が出来ました。

まず低速域のトルク"感"が増加しました。実際に速くなっているのかどうかは不明ですが、街中での低速状態で扱いやすくなった感じ。

そして高回転まで回した際、若干エンジンの吹けが悪くなったような感じもします。

この2つは固いオイルに変更した時の典型的なフィーリングの変化ですね(笑)

吹けが悪くなったことはデメリットには違いないのですが、そもそも元々が高回転までウルトラスムースに回るとかそういうエンジンではありまんので……気になるほどではない感じ。

全力でぶん回すこともそうそうはありませんし、エンジンを回す時はエンジンオイルが柔らかい方が心理的に負担を感じるので(笑)

また、燃費が若干悪くなるかな?と思っていたのですが、それも実感できるレベルではありませんでした。

あまり省燃費ドライブを心がけていないドライバーのセンスかもしれませんが、燃費が極端に悪くなる事はなさそうです。



ということで(僕にとって) 0W-20 → 5W-30のオイル変更はトルク感増加とコスト上のメリットのみが目立つ結果となりました。

スポーツカーにエコオイルとかそういうのは止めた方がいいと思いますが、普通のエンジンであれば気が向いたらオイルの固さを変えてみるのは結構アリだと思います。

ただ、微々たる変化ですから……しばらくすればオイルチェンジでフィーリングが変化したこと自体忘れてしまいそうではあります(笑)