リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

BMアクセラに"アクセルペダル嵩上げスペーサー"を装着する

f:id:mxzxkx:20171021120924j:plain

現代で販売されているほとんどの車はアクセルペダルよりもブレーキペダルの位置が高くセットされています。

おそらくは踏み間違いの防止やストローク量の確保など、安全に起因した理由……とドラポジの兼ね合いをメーカーが検討した結果の配置、だと思われます。

アクセラも例に漏れずブレーキペダルは手前側にセットされているのですが、この車に限っては特にブレーキペダルがすごく手前にあるように感じていました

 
他車ではそこまで気にならないこの段差ですが、元々マツダ車のドラポジが優れている為かブレーキペダルの高さは日々とても気になっていたのです。

f:id:mxzxkx:20171021121321j:plain

ということでヤフオクで購入したのがこのパーツ。

みんカラにて活動されているrs501様という方がヤフオクで販売されている「アクセルペダル嵩上げスペーサー」というアイテムです。

(2017年10月時点では3,200円でした)


既存のアルミペダル(ノーマルペダルでもOK)の下にスペーサーを挟みこんでアクセルペダルの高さを調整することができるようです。

スペーサーが1枚5mmで作られている為、枚数で高さの調整が効く優れもの。

3Dプリンタで作成されているようですが、"ABS製プレートを既存のペダルに挟んでネジで共締めして固定する"という仕組みの為、安全上も恐らく心配ないと思われます。

1枚5mmのスペーサーが3枚セットとなっておりますので、全て使った場合15mmの嵩上げが可能となっております。
(スペーサー単位でバラ売りもされておりますので更なる高みも目指せます)

実際、BMアクセラ含む魂動マツダ車はアクセルペダル⇔ブレーキペダル間に40mm程度の段差があるようです。

あまりフラットにしすぎてしまうとそれはそれで使いづらいので、15mm程度上がれば充分なのでしょう。


f:id:mxzxkx:20171021121713j:plain

(画像はヤフオクよりお借りしました)

取付も簡単でした。

アルミペダルを取り外してスペーサーを挟み、ネジで締め直すだけ。ドライバー1本でOKです。

とりあえずスペーサーは全て挟み込み、15mm嵩上げ。

装着した感想としては、やはり狙い通りアクセル⇔ブレーキの踏み替えが楽になりました。

今まではブレーキペダルにドラポジを合わせるとアクセルペダルが若干遠くなってしまっていたのですが、かなり緩和されました。



このパーツ、僕は大変満足したのですが……メーカーが考え抜いて配置しているペダル基準を変更するものであるため、正直万人に勧められるアイテムではないと思います。

人によってはブレーキを踏むときにアクセルを巻き込んでしまったり、ブレーキからアクセルに踏み替える時に引っかかったり、弊害が出てしまうでしょう。

ただ、スペーサーで高さを変更出来ますのでそこを自分好みに調整できるのがこのアイテムの素晴らしい所かなと思います。

ニッチなアイテムにしては価格も高くないと感じますし、魂動マツダ車のオーナーでペダル高さに不満がある方にはオススメです。