リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

FF車での雪道の走り方

f:id:mxzxkx:20171213212229p:plain

アクセラも含め、昨今の乗用車は大体前輪駆動車、いわゆるFFの形式をとっているものがほとんどです。

クロカン系を除くコンパクトな乗用車にも4WDが設定されているグレードが用意されていることはありますが、街を走っている車は大体売れ筋のFF車でしょう。

4WDグレードの設定が好みではなかったため、雪国在住の僕のアクセラもFF車です。

 
FF車ですが、一般的には対雪道性能は4WDよりも弱いと言われるものの、走らせ方をちゃんと知っていればスキー場に行くくらいなら問題ありません。

そんなFF車の雪道走行の注意点をシーズン本入り前のこの時期にメモしておきたいと思います。

もちろんスタッドレスの装備は前提です!


1.スタック対策

4WDと比べて一番の難点は発進時です。

4輪全てが駆動する4WDに比べて、前輪のみが駆動するFF車は一度スタックしてしまうと中々脱出できません。

路面が凍っているところや積雪が多いところ、未舗装路等に停車してしまうと、再発進する時にスタックして脱出できないなんて事態も起こりえます。

もしスタックしてしまった場合に備えて、タイヤに噛ませるためのタオルやスコップなどを常備しておくと安心です。

上り坂の途中にある信号などで停止しなければいけない時なんかは血の気が引きます(笑)


2.カーブではスローインを徹底する

FF車は前輪が駆動するため、カーブを曲がっているときにお尻を振ってしまいやすいです。

イメージするとわかりやすいのですが、リアにはエンジンのような重量物がないため、基本的にフロントに比べリアタイヤには荷重が掛かっていません。

いくら優秀なスタッドレスを履いていても、その状態で滑りやすい路面を曲がろうとすると簡単にブレイクしてしまうわけですね。

ハンドル操作でカウンターを当てて何とかなる範囲なら良いのですが、基本的にFF車はコーナリング中に激しくスリップしてしまうとリカバリーがすごく大変です。

カーブに入るときはしっかり減速し、ブレーキから足を離してゆっくりハンドルを切り、ゆっくりアクセルを踏んで脱出する。

"急"の付く動作をしないことが肝要ですね。

 

(追記)

シフトダウン&エンジンブレーキを意識的に使っていくのも重要です。

フットブレーキで減速するより車体の挙動を安定させたまま減速できます。


3.アクセルオンで車体が安定することを覚えておく

FF車は車体前方の動力によって車を動かしています。

よく言われる"鉛筆の先を引っ張って動かす(FF)""鉛筆のお尻を押しながら動かす(FR)"の例えの如しで、アクセルを踏んでいた方が基本的に挙動が安定するのがFFです。

上述したカーブの抜け方もそうですが"アクセルもブレーキも離した状態"より"アクセルを緩く踏んだ状態"の方が安全です。

とはいえアクセル全開だと危険ですが(笑)スムーズなドライブが出来るように意識すると、スリッピーな路面でも車体が安定します。




他にも色々ありますが、ザッとこんな感じでしょうか。

まっすぐ走る分には結構問題ないのですが、やはり注意するべきはカーブを曲がる時と、発進の時ですね。

また、FF車に限らず「前の車は急に停止するし、後ろの車は止まれずに突っ込んでくる」と常に考えておいた方が無難です。

他車のドライバーが雪道に慣れているかどうかはわかりませんし、車間距離はいつもの倍以上空けていたほうが安全だと思われます……。