リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

スキースノーボードジャンプ練習施設「クエスト」に行ってきました

f:id:mxzxkx:20171220182025j:plain

f:id:mxzxkx:20171220182127j:plain

長野県は小布施市にあるジャンプ練習施設のクエストに行ってきました。

www.obusequest.com



御存知ない方は"何をするところなの?"という感じかと思われますでしょうが、簡単に言えばスノーボードやスキーを履いたままエアマットに向かってジャンプの練習が出来る施設です。

f:id:mxzxkx:20171220182412j:plain

プラスチックで出来た"ブラシ"と呼ばれる部分を水で潤滑させ、ランディングしてジャンプ、その後はエアマットに着地するのが一連の流れとなっています。

"季節に関係なく練習でき、なおかつ痛くない"というのがポイントとなっているわけですね。

正直スノーボードでのジャンプトリックは全く出来ない僕ですが、ここなら臆せず練習できそうだ、ということで今回遊びに行ってみた次第です。

ちなみにエアマットに着地する性質上、板のエッジを残したままだと滑走できません。

レンタルして使用するか、持ち込んでエッジを落としてもらうか(再利用不可です)の2択を選ぶことになります。

上手な方々は古い板なんかを持ち込んでやっているようですね。

ちなみにヘルメット等もレンタルが用意されていますので、ブーツとウエアだけ用意していればレンタルで練習することも可能です。


さて、実際にやって練習してみたのですが……全然うまくいきませんでした(笑)

基本的にランディングするブラシ面はエッジが掛からない、という雪面との感覚の違いもありますが、コレがすごく難しい。

真っ直ぐストレートで飛ぶだけならいいのですが、何かやってみようとすると難しかったです。

もちろん僕は雪面でもジャンプトリックは出来ませんので、場所の問題ではなく単純に練習が足りていないだけなのですが(笑)

ただ"どう転んでも痛くない"という点は最高でした。

スキー場のキッカーで変な転び方をすると大惨事になりかねませんが、ここではどう飛んでも落ちた先はエアマットです。

頭から落ちたりとか、よほど変な落ち方をしない限りは怪我を心配しなくても大丈夫。

そういった面では練習施設としてこれ以上のモノはないのかもしれません。

夏季でも関係なく練習できますしね。

スキル不足によりうまくジャンプトリックは決まらなかったものの、楽しい時間を過ごすことができました。



ちなみに、このジャンプ練習ですが……物凄く疲れました。

体を上手に使えていないことが原因でしょうが、続けて練習していると本当にしんどくて、肉体の衰えを感じます(笑)