リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

雪道を走った後はこまめに車を洗いましょう

f:id:mxzxkx:20171229184259j:plain

雪国では馴染み深いこの塩化カルシウム。

「塩カル」と略されて呼ばれることが多いこの粒ですが、雪地域では凍結防止・融雪剤としてよく道路に撒かれているのを目にします。

塩化カルシウム - Wikipedia


比較的水に溶けやすく凝固点降下を……という科学的な説明はWikipedia先生にお任せしますが、この塩化カルシウム、融雪剤としては便利なのですが、自動車の車体にダメージを与えやすいのです。

 
塩化カルシウムを含んだ水しぶきがタイヤによって跳ね上げられて車体に付着し、車体の鉄部品を腐食させていくわけですね。

特に足回りは顕著で、雪国の中古車は下回りが錆び錆びになっていることがよくあります(笑)

f:id:mxzxkx:20171229184546j:plain

画像はお借りしました

わかっている事ではあるので雪国では車検メニューとしてシャーシブラックを塗ったり色々と対策を施しているのですが、それでもあまり極端に放置してしまうと塩害には勝てません……。


ということで、塩カルが撒かれているような積雪エリア(特にスキー場)へ行った後は出来るだけ早く洗車した方が良さそうです。

具体的には一番腐食しやすい下回りの洗浄が肝要ですね。

洗車機で洗うときは下回りコースを選び、自分でやる際は下回りを入念に意識して洗うようにすれば大丈夫だと思われます。

僕は(寒い中頑張れないので)いつも洗車機に入れ、一番安いコースに下回り洗浄のオプションを付けてザッと流しています。

冬場に洗車を行うときは大概スキー場から帰ってきた時ですので、しっかり洗って拭き上げしたりコーティングしたりする気力が沸かないんですよね。

雪が降れば車はすぐ汚れてしまいますし、せいぜい軽く拭き上げるくらいで済ませてしまうのが常になってしまっています。
(本当はウォータースポットの原因になるのでしっかり拭き上げるべきです)



洗車機の安価な下回りコースでどこまで効果があるのか?という疑問はありますが、やらないよりはやった方が下回りのコンディションも保てるだろうという気持ちで洗っています。

そういう意味ではコイン洗車場のガンでやった方が効果があるかもしれません。


この記事では「雪国では--」と始めてしまいましたが、もちろん都市部でも高速道路など凍結のおそれがあるエリアでは早々に融雪剤を撒くようですので、冬季の走行時はどこであろうと注意を払った方が良いのかもしれません。