リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

iPod(iPhone)の音楽をBluetoothでマツダコネクトに飛ばすときの音量について

f:id:mxzxkx:20170203221345j:plain
iPhone7Plusに機種変更して以来、マツコネでの音楽再生方法を変更しました。

今までは古いiPhoneをUSB接続して車載iPodとして使っていたのですが、今回からはメインのiPhoneからBluetoothでマツダコネクトに連携させて音楽再生をすることに。

Bluetooth接続だとアルバムジャケットが表示されないなどの問題はありますが、iTunesとの音楽連携も楽ですし充電切れの心配もありませんからね。

無線接続故に音質は若干落ちている?ような気がしますが、所詮カーオーディオですし、取り回しが良くなったのでなんだかんだ結構便利になりました。

……と思っていたのですが。

いざ接続して再生してみるとかなり音量が小さい。

 

【マツダコネクト】Bluetooth接続時の音量ボリュームが小さい。USB接続の1/2くらい。何故?

公式HPに「Bluetooth接続時は接続元の音量に依存します」というFAQがありましたので、それではとiPhone側の音量を最大にしてみてもまだ小さい。

ただ小さいだけなら再生するマツコネ側で音量を上げておけば良いのですが一部の曲だけはなぜか通常の音量で再生されているかなり不思議な状態に。

これだと一部の曲だけ爆音で再生することになってしまうのでかなりヤバい。

どうすりゃええんじゃ……ということでiPhoneの設定を確認していたのですが、ミュージックの設定部分に気になる項目を発見しました。

f:id:mxzxkx:20180214183210j:plain

iOS11の場合 "設定"→"ミュージック"で辿り付けます。

今はオフになっているここの「音量を自動調整する」という部分。

結論から言うとこの機能が悪さをしていたようです。

オフにするとUSB接続時とほぼ同量の音量で再生してくれるようになりました。 

音質も上がったような気がします(こちらはプラシーボかも)

ちなみに「音量制限」も切っておいた方が良いと思われます。



最初はマツコネを疑っていたのですが、今回はiPhone側の問題だったようです。

調べてみたら単純な事ではありましたが、同じ問題を抱えたユーザーへの問題解決の為に記事として残しておくことにします。