リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

iPhoneをPlusシリーズに変えて感じたこと

f:id:mxzxkx:20180214181355p:plain

iPhone6からiPhone7Plusに機種変更しました。

これで以前使っていたiPhone5や3GSも含めて3.5インチ・4インチ・4.7インチ・5.5インチと4種類のサイズのiPhoneを使用したことになります。

「iPhonePlusシリーズは気になるけど、でもサイズが……」という方に向けて、4.7インチのノーマルiPhone6から5.5インチのiPhone7Plusへ移行した僕が感じたことを備忘録として残しておこうと思います。

結論としては、サイズが大きいのも良し悪しだと言う事。

ネットのレビューなんかを見てみると「大きさは正義=Plusが正解」ということが書かれているのを良く目にしました。

機種変更する前は新しいアイテムへの期待の気持ちもあり「画面が大きければ情報量も増えていいよなー」なんて風に前向きに考えてしまっていたのですが、実際使い出すとやはり5.5インチのボディは取り回しが悪いです。

普段から両手でスマホを触る人は問題ないと思いますが、手が小さくて片手で操作したいユーザーにはやっぱり厳しい。

片手操作だと落としそうで怖いのでスマホリングを装着しましたが、手が小さい僕にはこれでも操作が厳しいときがあります。

画面上部には指が届かないので、4.7インチ時代にもお世話になったホームボタンダブルタップの簡易アクセス機能をフル活用してます。

携帯電話のサイズではないです。今風の言い方だとファブレットですが、PlusシリーズはもはやPDA……というか小型PCみたいな感じです。

とはいえそこまで極端なサイズ増でもないのでポケットに入らないとかそういうことはありませんが、取り出すのが億劫に感じることは多々あったり。

車に乗ってからiPhoneを取り出そうとした時なんか特に感じますね。

座った状態でポケットからPlusシリーズを取り出すのは本当に難があります。面倒くさいです。



もちろん大画面の良いこともあって、一画面に表示できる情報量が多いので調べ物・読み物・動画等々は本当に便利

特に調べ物をする時は4.7インチシリーズとは雲泥の差です。一度に表示できる情報が多いと理解も早いですし、画面をスクロールする量が少なくて済むので楽です。

装着しているスマホリングがスタンドの変わりになるので、横にした状態でPC横なんかに立てておくといい感じ。

横画面に対応していないアプリが多いのがちょっとだけネックですが、SafariやTwitterは横画面でも対応してくれるので便利ですね。

また、iPhone7Plus/iPhone8Plusではカメラが2眼になり、ポートレートモードが使えるようになるのも特徴的です。

メモリ容量やバッテリーのスペックも通常仕様より高いのがハードユーザーにはメリットかも。


長々と書いてしまった上にマイナス評価の方が行数が多いように感じますが、iPhone7Plusには概ね満足しています。

ただ、PCを使うことの多い僕のライフスタイルだと通常の4.7インチで良かったかもしれない、という感覚は払拭できませんね。

完璧にPlusシリーズに慣れた頃には5.5インチ無いと満足できない体になってしまうかもしれませんが(笑)