リーマンが見た夢

サラリーマンが日々の生活や業務中に考えたことを綴ります

長い信号待ちの時のシフトポジションについて

f:id:mxzxkx:20180223174939j:plain

今回はAT車で信号待ちをしている際のシフトポジションについての話です。

MTの場合はニュートラルにしてサイドブレーキ引いて足を休憩……という基本姿勢があるのですが、AT車に乗っている場合は人によって色々な待機の方法があるんですよね。

短い待ち時間だったらDレンジのままブレーキを踏んで待機するのが基本だと思われますが、これが長い信号になると

・Dレンジのままブレーキを踏み続けて待機
・Pレンジに入れて足を休憩
・Nレンジに入れてサイドブレーキ引いて足を休憩

と、いろいろな方法で車を制御しているのを見かけます。

 
僕自身はNレンジに入れてサイドブレーキを引いて休憩することが多いです。

アクセラはNレンジに入れてもアイドリングストップが持続するで、そのままサイド引いて待機することができるんですよね。

他社の車だと結構Nにいれた瞬間にアイドリングストップが解除されたりするので、この点はアクセラの良いところだと感じています。
もしかしたらマツダ車はすべてそうなのかもしれませんが。

アイドリングストップは出来るだけ長く続けたいし、かといって長い信号待ちでブレーキを踏み続けるのも出来るだけ避けたい……という僕にとってはかなり良い機構です。

Dレンジ→Nレンジではシフトレバーのボタンを押す必要もないので、簡単に操作できるのも推しポイントですね。

ちなみにボタン式でPレンジに入る車はもっと楽です(笑)


ただ、もちろん一番正しい待ち姿勢としてはブレーキを踏んだまま待機することだと思います。

ブレーキを踏み続けておくことで急に追突された時に車が前方に飛んでいくのを防げる可能性があるから、というのがその理由です。

"安全"が最優先されるのは当然ということ自体は理解しています。

ですが、現実的に長時間ブレーキを踏んでいると疲れるんですよね……。


と、ここまで書いた所で。

たまたまニュースを見ていたらこのような記事が。

www.webcartop.jp



結論から言うとレンジを変えるとトランスミッションに負荷が掛かるからブレーキ踏んで待機が正解」とのことです。

本当なの?と思わなくもないのですが……(笑)